霊園の墓石について

横浜市内に霊園を建設する特徴は?

みなさん、お墓はどこに建てますか。都市部、それとも田舎と人によって、それぞれ異なると思います。そこで、今回都市部である横浜市内のお墓について、紹介していきます。横浜市内の霊園は約70ヶ所ほどあります。数は思ってるよりも多いのではないでしょうか。しかし、横浜市には市営霊園がありますが、特に一般墓所については供給が間に合っていない状況で、小民営霊園が次々とオープンしています。
近年オープンしている霊園の特徴として、多くは欧州の公園を思わせる美しい外観を備えているため、目に見えない部分の違いを見極めることが大切です。東京都に比べると安価でありますが、横浜の街にあるので、交通の便が不便になることがありません。また、お墓が横浜市内にあれば、朝にお墓まいりに行き、帰りには横浜市内で遊んでから、帰宅することが可能となります。
都市部から外れたところに、お墓を建てれば、このようなことはできません。横浜市内にお墓を建てるのには、東京よりも安価であり、なおかつ、最近の流行を取りいており、また、都市部でもあるため、お墓参り後に楽しむことも出来ます。みなさん、ぜひ横浜市内にお墓を建設することを検討してみてください。

横浜の霊園での墓石をどう補修するか

横浜の霊園では、お墓について考慮する必要性があります。お墓は主として石材から構成されているために、造ってから間もなくは、ひびなどの劣化が気になることはありません。しかし、10年以上もの歳月が経過すれば、当然に劣化の可能性は生じてきます。
その際には、何らかの修繕を要する場合が出て来るでしょう墓石自体には、劣化の可能性は少ないものの、周囲の香炉や供え物を据え付ける台は、墓石よりも劣化の可能性は高いといえます。このような付属品は、速やかに交換することを推奨します。造って間もなくの墓石は、表面に光沢があるものの、長期間経過した際には、この光沢が失われつつあります。この際には、石材店にクリーニングや研磨などを依頼してみるとよいでしょう。墓石自体は劣化しにくいのですが、石同士の間の接着面は、劣化が顕著です。
これを放置しておけば、外部からの刺激により、この部分からヒビが生じてくる可能性が高いです。この目地については、10年おきくらいに補修することが望ましいです。そして、補修により、地震に対する備えにもなります。天災によって、墓石そのものがずれてしまうことも多いようです。地盤自体が不安定であれば、墓石がずれる可能性が高いです。この場合にも石材店に依頼するとよいでしょう。

最新記事リスト

2017年08月30日
横浜の霊園情報は要チェックを更新しました。
2017年08月30日
霊園の墓石についてを更新しました。
2017年08月30日
新しい霊園の特徴を更新しました。
2017年08月18日
美しい景観で安らげる霊園を更新しました。

Copyright(C)2017 海や山の自然に恵まれた美しい横浜の霊園 All Rights Reserved.